普通がいい

安倍政権になってなんかいいことが一つでもあったか?と立憲民主党の議員がほざいているが、そりゃ、なんだよ、普通に生活できるってことが最大のメリットではないかな。にわか成り上がり閣僚が意気揚々とマスコミに登城したはいいが、未経験なのに踏ん反り返ったあの態度、鼻持ちならなかったな。安倍内閣にしても様々な不祥事はあったよ?しかしいわゆる週刊誌的なゴシップ記事レベルだもんな、いわゆる国益を害することはしてないんじゃないかな?一万円の新聞勧誘に負けて朝日新聞を半年購読中だが、終末的な記事作りが見え見えで。よく長年継続的な購読をできるなと感心する。心休まる記事なんてないんだから。

末期状態

国会というより野党はいよいよ末期状態。どうでもいいことの言葉尻を捉え得意げに問い詰めたと勘違いしている。これだけ世論の支持率調査で政府自民党の高支持率が続いている意味を野党は理解できないらしい。国会中継で自己陶酔の野党を見ていると、ただ一言『税金泥棒』と。ひょっとすると自民党はわざと野党の追及に付き合って、野党の無能ぶりを国民の前にさらしているのか?策士よのう。

 

 

判決の妙

『冨田裁判長は判決理由で、週刊誌に掲載された桜井氏の論文が、植村氏の社会的評価を低下させたと認定した一方で「植村氏が事実と異なることを執筆したと桜井氏が信じる相当の理由がある」として、名誉毀損(きそん)があっても違法性はないとした。』 Web記事からの引用だが、面白い判決である。
植村元朝日新聞記者の様々な言動が、あれこれ屁理屈で言い訳してはいるが、裁判長は要は『櫻井氏の論文の方が真実に近いんじゃないのか?確かに名誉毀損で植村氏の社会的評価は下がったろうが、それはあなたが撒いた種の結果でしかないんだよ、少なくとも言論の世界にいた人間が、世間がどう見るか考えていなかったとは信じられない』と偏屈者を諭した判決であったな。 

度量

気持ちのおおらかさ、他人を思いやる心、自分を律する強さこれらを兼ね備えた人間に対し、人は度量が大きいと言う。これが組織となると一言では言い切れない。しかし、メンツ丸出しで自分こそは度量が大きいと言う組織ほど、ケツの穴が小さい小人であり、その代表例が中国であろう。ゆったり構えているようで、内心は猜疑心の塊で自分が思うことは他人もそうに違いないと妄想を膨らませる中国人、その心の狭さが、何でもかんでも国家機密と称し、他人を寄せ付けない。そんな中国を入国拒否したって、『薄情』と言われる筋合いはない。

薄情ときたか

コロナウイルスの国内感染防止のため、アメリカが中国滞在者の入国を禁止すると発表したことに対し、中国外務省の報道官が『悪い前例を残した、本当に薄情だ』と述べたらしいが、翻訳が正しければ、何を泣き言を言ってると言い返したい。初期対応に失敗し、かつどこまで本当か信用できない情報が漏れ伝わり、これでは疑われるのは致し方ない。メンツにこだわり他人の迷惑も一顧だにしない国への当然の対応である。

どうにかできないかグーグル原口

中国が民主主義国だと言い放った原口、暴言、妄言では収まらない、精神科の診断が必要ではないか?公式に反論すれば、議員の特権を振りかざすのは目に見えている。この発言を見逃すようでは、野党はますますジリ貧。

日本にもいるよ、法律馬鹿が

万全ではないが、専門家が検証し、ほぼ問題なしとした原発を、地裁とはいえ、仮処分で稼動停止とは何を考えているのか。そもそもそこそこの専門知識を必要とする事象に法律馬鹿が口出しするとはもってのほか。これでは韓国の例の判決を出した司法と変わらないじゃないか。

 

枝葉末節

麻生大臣の発言に噛み付く輩、本質では言い負かせないと枝葉末節にこだわる、こだわる。日本は単一民族ではない、アイヌ新法を知らないのかと、縄文弥生時代には王朝はなかったと、実にくだらない。これらの指摘は事実を正すとかそんな話じゃない、単なる難癖。麻生大臣もこんな難癖にいちいち付き合うなよ、ほっとけ。

我慢の半年

新聞の勧誘が激しい。あれやこれや景品を口実に勧誘に来る。留守の時、某新聞(特に名を秘す朝日新聞)が本社からの担当と称し、地域の販売店の人間と勧誘に来て、家人に現金一万円を差し出し、半年の契約書にはんこを押させ、一月から六月まで配達が始まった。景品に釣られる方も問題だが、現金はおかしいだろう、他でも行ってるんだろうか。醜い小さな活字と他紙に比べ極端な薄っぺらな紙面、あーあ、半年の我慢か。主人の留守時を狙われないように半年後からは某新聞と一年契約を結んだぜ。

賭博

ギャンブルは嫌いではないが、ほどほどと考えている。しかし、賭博となれば拒否感がわく。ギャンブルと賭博はチト違うんじゃないかと思う。人間日常過ごしている中で、右か左か迷う時がある。どっちにするか決断がつかない、最後は慎重に考えたふりで自分を納得させ、えいやっと決めざるを得ない、これはギャンブルと言えるが、賭博とは考え難い。マスコミを賑わすカジノに関わる贈収賄事件、これはタチが悪い。大多数の国民が嫌悪を抱く博打と外国(よりによって中国)からの賄賂であるからである。知らなかったと巧妙に言いつくろったとて、贈賄側の情報に国民は納得しないだろう。頼りない野党もこれとばかり攻勢をかけるだろう、果たして自民党は凌げるのか?蟻の一穴というが、自民党崩壊の序章とならなければいいが。果たしてカジノは日本人の気質に馴染むだろうか、麻雀、パチンコ、競輪、競馬と質が違うように思えるが。欲に群がる政治家、たまたま自民党が与党であったからで、今の野党が同じ立場だったら同じ甘い汁をすするため同じことをしただろうな、それも国を傾けるほどに。