三者三様

自民党総裁選、候補三人それぞれ政策、志を述べたが、おそらく一番政治家らしいそつのない答えを述べたのが、岸田氏、ぎこちなく無骨に手の届く政策を述べたのが菅氏、一人自分の演説に酔い、絵に描いた餅を並べたのが石破氏と見えたんだが、どうだろう。

負けたな

納得と共感このキーワードが石破のすべて。政権を担う政党に対する支持率は大まかに40パーセント。残り60パーセントは様々な野党にばらまかれているのが現実。おそらく誰が首相になってもよほどの失策を犯さない限りこの数字で推移するだろう。しかし、政策の実現、実行に石破はこの60パーセントの国民に納得と共感を求めるのはいいが、支持されると考えているのだろうか。40パーセントに対抗する勢力に納得と共感を得る政策をと考えるならば、究極のポピュリズムに走るしかないのではないのか。国民全てが納得、共感する政策なんてありえないとは考えないのだろうか。ここが石破の怪しげなところ。おまけに強力な助っ人として彼の有名?な有田参議院議員が馳せ参じたとか、なおかつ日本の政治動向の強烈な羅針盤である朝日新聞が応援となれば、この勝負決まったな。

羅針盤

朝日新聞って本当に頼りになるね。韓国共々石破推しって参考になったよ、本当に。だって朝日の主張、キャンペーンの逆を選択すると間違いのないことは国民全てとは言わないが、経験則でわかってるから。これが菅推しだったら困るんだよなあ。

派閥の論理といえばそれまでだが。

次期首相候補に岸田、石破、菅の三氏が揃ったわけだが、さて雰囲気的には菅首相になるんだろうなあ。多くの派閥が現状の社会状況と自分たちの派閥の損得を考えた結果であろう。言ってみれば◯井財閥の本家総領が引退し、筆頭番頭が跡を継ぐという構造かな?おそらく本人は思ってもいなかったんじゃないかな、政権の裏を仕切る立場を想定していたと思うが、まさか首相の座がねえ。三人の本当の中身は想像するしかないが、例えば人質事件が発生し対応を迫られた場合、おそらくこんな対応をするんじゃないだろうか。

石破:犯人に向かって、君の言い分はわかる、しかし暴力はいけないとしゃしゃり出て、説得というよりも説教を垂れ、それに酔いしれてさもさも仕事しましたと得意顔になり、犯人に鼻で笑われズドンと一発食らう気がするな。

岸田:当たり障りのない、何を言ってるかわからないまま、ぐずぐずしているうちに警察がケリをつけるような気がするな。

菅:余計なことは言わず、使えるチカラを総動員して解決。

しかし面白いねえ、欲しくてたまらない奴には手に入れられず、無関心を装った人間に回るとはな。かなりの短期政権だろうが、しょうのない野党に付け込まれないように気をつけなきゃ。野党はなんだか訳の判らない「カタマリ」に固執しているが、菅首相の跡を継ぐ人物をあれこれ想像すると、まだまだ当分(未来永劫か)野党の低迷が続く風物詩は変わらないだろう。

どのクチが言う?

組織を腐らせるのは、トップの問題と安倍首相をこき下ろす小沢議員、チャーント自覚してるのはさすが。ところで、足元の国民党を分裂させたのはダレのせいかな?

お為ごかし

野党は安倍首相の体調を説明しろと、その理由として

立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に「体調が万全でなければ野党としても十分配慮しなければならない。元気になられた首相と一日も早く論戦をしたい」と述べた。ばかか?政治家が自分の体調を言うわけがなかろうが。何が不調ならば野党として十分配慮だと?仮に正直に「少し具合が悪い」なんて言おうものなら、国政運営に支障が出るから即退陣し、野党に政権を譲るべきだと総攻撃をすることは見え見え、余計具合が悪くなる。論戦というが、野党は本気で政策論戦なんてしたことないだろう?言葉尻を捉え、モリカケに明け暮れ、碌な対案もないくせにコロナ云々と、挙句はクイズまがいなどうでもいいことに終始、論戦がきいて呆れるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

無駄とは言わないが

主としてスーパーで買い物しても買い物袋を無料ではくれなくなった。プラスティックゴミによる環境汚染を削減しようとの大義名分のもと。しかし、買い物袋による環境汚染はいかほどのものなのか。微々たるものだろう。それよりも身の回りを見たらわかるが、台所用品を始めいたるところにプラスティック製品は氾濫している。ご飯ベラにしても木よりもプラスティック、家電製品を購入すれば緩衝材としてなんと多くのプラスティック製品が使われていることか。安易な規制対象はなんの効果も産まないだろう。現に家庭ゴミを外に出すとき、百円ショップでわざわざプラスティック袋を購入してるんだから。

 

向き合う準備

韓国の大統領、「日本と向き合う準備はできている」と発言したが、うまくニュアンスを翻訳できたのか疑問はあるが、ここ部分だけ見れば、『さあ、日本よ準備はできた、いつでもかかってこい』と解釈すれば、随分な自信だなと思う。しかしこの自信、どこから来るのだろう。何か勘違いしている。国政であらゆるポストを与党が占め、怖いもの無しの状態だが、それはあくまでも韓国国内の話。対外的には「それがどうした」で済む話に過ぎない。過去の経験から日本が国の根本を揺さぶる振る舞いには出まいとの読みなんだろうか。そうであればいいが、日本も変わったからなあ、それをどこまで読んでいるやら。

 

空演説

こういうのを誠意の感じられない演説と言うんだろう。外に対しては三権分立を言うのはいいが、中では何をしているか皆判っている。交渉の窓はいつでも空いてる?それは交渉とは言わない、韓国の場合は。一昔前なら『大人の対応』として応じたかも知らないが、目覚めた今の日本には通用しない。しかし、韓国の大統領がせっかく呼びかけたんだからと政府を突っつく◯鹿がいるからな、河村あたりが。

交渉の窓はいつでも空いてると書いたが、本当は開いてるだろうなあ、しかし韓国相手には空いてるがぴったりか。

安心

またまた出しゃばりが動き出した。小沢である。名のある政治家で何かの政策実現に奔走したと関係者の間で噂されることはあるが、小沢ほど政界をかき回すだけの人間はいないのではないか?しかも一兵卒の身分で。しかし策士策に溺れるの類で、先々は破壊しかない。いっ時は雰囲気に流される烏合の衆の常で、小さな成果は残すが、それっきり。朝日新聞のキャンペーンの逆張りをすれば間違いが少ないと経験則でわかっている、沈黙する小沢は気持ち悪いが、新党騒動の中で蠢動したことは、我が国にとり、朗報であろう。