手を差し出した?

韓国大統領の14日演説で日本にシンセツニモ手を差し出したのに日本は冷たいとお怒りの韓国マスコミ。あれが手を差し出したと理解しろとは日本人には無理。外務大臣が極めて当然の発言をすれば、自国首脳へ無礼だと罵る。それだったらここのところ連日聞こえてくる北朝鮮からの罵詈雑言、これに反論したかね。日本相手とすれば、過去手加減してもらった悪弊に浸り、言いたい放題。さてお盆も終わり、ホワイト国からの追放が決まれば、何といってくるやら。乞うご期待

 

よく言うよ

豊島園での少女溺死の件、誠に気の毒であり、無念である。事故の原因究明が始まるが、世の中あと知恵でしたり顔で物言う輩。そもそもプールの遊戯設備として不適切であった。潜在的なリスクを考慮しなかった施設側の常識を疑う。そんなあと知恵が何の役に立つんだ?、知ってたらお得意のブログなりSNSで警告すりゃ良かったじゃないか。あとでは何でも言える。

もらった覚えはないんだが

朝日新聞、一人いきりたち『ボールは日本に渡った』というんだが、朝日をはじめとするあっち系以外の国民には未だ足元に置いたままの韓国大統領の姿しか見えないんだが、老眼かな?近視かな?そもそも15日の演説を見て、日本に歩み寄りを見せたとかトーンダウンしたとか考えるのは、安倍内閣の某閣僚とあっち系のみ。人に頼みごとをするときはそれなりの態度が求められるが、どこに頼み事をする姿勢が見えた?ここで一言痛烈なコメントを安倍内閣が出せればベターなんだが、でなければ無視、無視。菅官房長官の出番かな?

なにをしたいんだ?

韓国大統領、15日に空虚な言葉を並べた演説で、日本を批判しながら、会うなら会ってもいいとなんか空とぼけた御託をならべていたが、まず順序があるだろう。日本の問いかけ、すなわち国際的な約束の履行、国内への指導をどうするのか、どうしたいのかなしのつぶて。日本と会って何をしたいんだ?政治家だろう?ま、日本にもいたがな、社会活動家として名を売り、知恵も知識もなくただただ混乱の種を蒔いただけのカンなんとかいうやつが。

防毒マスク

東京より高い数値のソウルの放射能。オリンピック参加にあたっては自国産の食料持参とか。それよりも、呼吸する空気の心配でもしたら?韓国人以外は耐性ができているのか他国は問題にしていない。親切心からご助言申し上げるが、日本では韓国人は防毒マスクは必需品だぜ、絶対に。陸上、水泳、各種競技に参加するのであれば、酸素消費量の多さからも必需品だ。

言い出すぞ?大人の対応をと

韓国の大統領、急に猫なで声で対話しようと言い出した。演説内容はスピーチライターの作文だろうが、そこには相手に対話を呼びかける誠意は全くなし。そこには韓国人だけが思い込む歴史と、無味乾燥な美辞麗句がこれでもかと並んでいるだけ。言って見れば過去の政治家が使った言葉を抽出しているだけで韓国は悪くないと決めつけるプロパガンダを並べているだけ。

簡単に言えば、目の前に一丁目から延々と続く大通りがあったとする。日本人が丁度一丁目を通った時に、隣にいた半島人から唾を吐きかけられた、当然日本人は謝罪を要求したが、相手は知らんふりで追い抜いていった。追いかける日本人は三丁目付近で追いつき再度謝罪を要求したところ、先ほどの無礼はパスして、丁度良かった、金を貸してくれないかと平然と要求。貸すかさない以前に先ほどの無礼を謝罪するのが先だろう。しかしこれを断った日本人に対し、半島人が猛然と文句の連発、人が困っているのだから助けて当然と。日本人は当然無視するが、ここに登場するのが、人権主義ばかり振りかざす日本人。困っているんだから助けてやれよと。唾を吐かれたことはそんな細かいことには目を瞑れよ、ここは大きな心で『大人の対応を』と。

誰が言い出しっぺになるかな?ま、サッシは着くがね。

 

 

1執拗に

「表現の不自由度・その後」中止になって、朝日は執拗に自由を阻んだのはだれだとお気に入りの学者を使ってぐずぐずと。芸術と銘打ってあっち系のプロパガンダ拡散が頓挫し期限が悪い。だれも表現の自由は駄目だとは言ってはいない。ただ、朝日新聞愛読者以外の国民はあれが芸術だとは思っていないし、眉をひそめる後味の悪い展示物だと考え、それを声にしただけ。自分たちの都合で自由だと決めつけるが、なぜ反対意見がでると、騒ぎたてるんだ?そこに自由はないことに気がまわらない。偏屈な思想の不自由度にはうんざり。

いよいよかな?

真ん中が丸でそこから放射状に線が伸びる・・・・これはなーんだ!!。とにかく旭日旗に似てるとなれば何にでも噛み付く韓国。どこまで発展するんだろう。例えばお尻の下に鏡をあてて、そこに写ったものすら『撤去しろ、消去しろ』と叫び始めるんだろうか、人間否定だな。

羅針盤

たびたび取り上げるが、世の中判断に苦労することはままある。その時は長年の経験、勘で判断するしかないが、ここに素晴らしい羅針盤があることが長年の経験でわかったことがある。それは天下の公器、国民の先頭にたち様々な範を垂れ、民主主義の旗手たる天下の朝日新聞である。結論は極めて簡単。朝日が連日キャンペーンを張る事象の逆を張ればまず間違いはないということである。報道する自由があれば、報道しない自由もある。この癖技を駆使し、減り続ける購読者を宣撫し続ける朝日新聞。なにしろ天安門事件でゆれる中国で唯一支局を維持し続けたど根性の持ち主。さて、騒動が続く香港。朝日新聞はベタ記事のみ。おかしいとは思わないのか?一国二制度は今や見る影もない。学生市民のデモはますます先鋭化し、おそらく人民解放軍(偽装するのだろう)の投入も近いだろう。しかしこれだけ人権問題の最たる事例の香港に関し、あれだけ我が国の人権問題には微に入り細に渡り連日これでもかとキャンペーンを張るのに、中国におもねって詳細報道はしない。一見一部の跳ね上がりによる騒動かとも思われたが、朝日新聞のおかげではっきりした。いやー、朝日新聞には感謝感謝、雨あられ。

 

衆愚の愚

NHKをぶっ潰すと豪語し国会議員になった男、なんて奴を選んだんだ?民主党政権を支持し、無残な国政運営を見たというのに、世間には性懲りもなく面白半分で票を使う衆愚の輩が一定数いる。言論の自由を悪用し、かつ今度は議員の特権を利用し誰はばかることなく気まぐれな大衆に媚びる主張を堂々と張る。これが民主主義というなら、国会議員の罷免制度を拡充し聖域をなくしろ。これになびく無所属の国会議員、常識を疑う。