いちいち断るな

暑い中、取り乱しわれを忘れる御仁がいるが、中には刃物を振り回し、手をつけられない状況が多々発生する。その時、警棒のみで対処不可能と判断すれば警察官は拳銃を抜くし、発泡することはよくある話。しかし事件後必ず警察発表にあるのが『拳銃の取り扱いに不備はなかった』との台詞。後々一言文句言わずにはおられない御仁への事前の言い訳だと思うが、法律に基づき、法の執行に必要な場合の拳銃所持であるのだから、いちいちコメントするなよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください