いつの時代も

寒さ厳しき2月、一私小説作家が亡くなった。行き倒れではない、乗車中の車の中で具合が悪くなり、そのまま。古くは葛西善蔵、田中英光ら破滅型作家を現代に持ってきたような生き方であった。一つ違うのは、決して貧してはいなかったことか。自己を文字で表現する文字通りの私小説作家。普通の人生を送る人間にとってはとても真似できない、しかし、どこか憧れるような気分。おそらく小説家と違う道に進んでも同じような境遇に至ったであろう。人様々と言うが、いつの時代も西村賢太は出現するんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください