いの一番にやることあるだろう

安倍元首相の国葬問題、共産党はいち早く反対。その他野党もぞろぞろと世間の反応見ながら反対を表明するんだろうな。死んだ後も安倍憎しは治らないのだろう。しかし、戦後最長の首相を務めたということは、それなりに国民の支持があったからだろう。でなければ、マスコミが盛んに取り上げる支持率でとことん叩かれていたはず(民意を無視し、権力にしがみつく・・・)。嫌だったら国葬の場に出なけりゃいいだけの話。それとあれかね?国民の一定の支持のもとに国葬を実行された場合、表立って反対するのは、世間体がね・・・か?そんなことより来たる選挙に向けて、選挙の総括と、体制造りに必死になるべきではないのか。参議院選挙の敗戦分析を綿密に行い、どこが自民党と違ったのか、どうづれば国民の支持へ繋げられる政策を打ち出せるのか、やることはいっぱいあるだろうに、国葬反対に血道をあげている暇はないはず。(綿密な分析結果、日本では野党が存在できない結論になったりして)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください