きっと勘違いするぞ

ノーベル平和賞が、紛争、戦争時の性暴力に対し活動する二個人に授与される。同胞の女衒、肉親に惑わされ売春婦となった所謂慰安婦本人、および飯の種にしている団体は『しまった』『しめた』と思っていることだろう。アフリカ、中近東の性暴力と、商売としての所謂慰安婦とは全く異なる事象であるが、彼の輩は戦争、紛争時の性暴力という単語を都合よく解釈し、我も我もと便乗、ひょっとして過去に申請したか、形を変えて申請し兼ねない。我が大統領、隣のとっちゃん坊や共々受賞を期待し、見事な空振りで終わったが、こんなことでめげる輩ではない、何しろ名誉よりも飯代がかかっているのだから、様々な方法で利用するだろう、絶対に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください