さて、あと一ヶ月の辛抱

我が愛読紙 朝日新聞、一万円の餌につられ半年、それも今月でオシマイ。継続購買をしつこく勧誘されているが、幸い私が在宅時の訪問で、販売店には何のわだかまりもないが、優しく、やんわりとご辞退した。世の中様々な理不尽なことが多いが、人はうまく折り合って暮らしているのだが、朝日はこれには我慢できない正義の味方らしい。自分の意に沿わない事件は、何年経とうがしつこく紙面で取り上げる。安保闘争を取り上げたかと思ったら今度は砂川闘争ときた。古い話で、物事には裏表があるのに、例のごとく正義は我にありと一方的な記事。記憶がおぼろげな人、初めて耳にする人、朝日の一方的な記事に騙され、『アベガー』となるのだろうな。この懐古趣味のついでに、慰安婦、拉致問題を取り上げないもんかね、無理か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください