さらりと書いてはあるが・・・

朝日の社説『戦前の軍国主義と密接な関係がある日の丸・君が代にどう向きあうかは、個人の歴史観や世界観と結びつく微妙な問題だ。』なんともあっち系のテンプレートそのもの書き方だが、なんだかなあ。確かに国を挙げての戦いだから日の丸、君が代は付いて回るよ、それがどうしたという話。まさか社運を賭けて軍部、政府と命がけで戦ってきましたとか言うんじゃないだろうな。戦意高揚に活字の力を振り絞ってきたはずなんだがなあ。違うか?国旗にしろ国歌にしろ国としてのシンボルに過ぎないだろう。それをまるで旗や歌で戦ったような書き方はな。書いてて恥ずかしくないのかな?もういい加減、政治的中立を装うのはやめたら?内心苦しいだろう?社会主義社会を目指します、特亜3国を無条件で支持します、我が社の社是に反する言論には徹底的に戦いますと言ったらすっきりするんじゃないのか?最もこちらは無視するだけだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください