ずーっと思っていた疑問

コロナによる医療崩壊がしきりに叫ばれているが、本当だろうか。マスコミに登場する様々な医療機関はベットの確保の困難さ、医療スタッフの確保の難しさを訴え、それは決して誇張ではなく事実であろうし、寝食を忘れて多忙極めている状況も確かであろう。一方コロナ騒ぎ以前から慢性的な病気治療に取り組んでいた医療機関はコロナに専念することで、慢性病患者をみる時間が不足する心配もあったろう。あちら立てれば、こちら立たずの状況でもあろう。しかし今の日本で、よほどの僻地、離島でなければ、そこそこの医療サービスは受けられていたはず。まして都会は乱立気味なんではなかったのか。医師会の陰に隠れ、行政の調査をごまかしていないか?非常に疑問に思うのは考えすぎかな?下衆の勘ぐりかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください