どうも胡散臭い

韓日議連の姜昌一(カン・チャンイル)会長が「日本議員らが『日本企業の被害者への賠償を妨害しない』と話している」と述べたことについて「この話を姜氏としたことはない」と日韓議員連盟(額賀福志郎会長)の幹事長を務める河村建夫元官房長官は否定するが、どうも怪しい。本当に話していないのならば、公に反論するか抗議してしかるべき非常に大事な話だが。しかも河村氏は「姜氏の希望的観測を述べたものだろう」と軽く言うが、この微妙な時期にこの持って回った言い方はなんかおかしい、火のないところに煙は立たないというしな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください