どこまでも無謬

どの政治体制も自分の政策をはっきり反省し、世間に詫びることは少ないが、特に顕著なのは共産主義。ソ連が崩壊し、ロシアになっても反省した声は聞こえなかったな。逆に戦略さえしっかり実行しさえすればと我が理論の無謬を強調するだけ。同じことが時を経てつい最近日本共産党の口から発せられた。敗戦の責任はと問われ『理論に間違いなし、従って責任云々はない』と日本共産党委員長が言明したものなあ。時代は違うが、己の過ちを認める、すなわち総括したならば、即、死が待ってたものなあ。自己の戦略はオブラートに包み、小手先の戦術でごまかそうとしても、国民は見ているんだぜ?これは日本国民の本能だろうな、故にかつて民主党に政治を任せた過去のトラウマはなかなかとけないんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください