どさくさに紛れて

退位、即位 このあわただしくもめでたい時期に、どさくさにまぎれ全てを自国に有利にリセットしたがっている韓国がいる。象徴たる日本の天皇陛下の立場も理解せず、退位直前まで、さらにはこれからも訪韓をと妄想たくましく。さらには退位の日、天皇陛下のお言葉に韓国に触れる言葉を期待したりと、勘違いも甚だしい。マスコミも新天皇即位にかこつけ、すべてのわだかまり(すべてが韓国に原因がある)をリセットすべきと勝手な言い分を堂々と紙面にのせる。一昔まえならナアナアの調子でごまかせたものも、さすがに此のところの問題はごまかせないところまで、来てしまった。しかし油断はできない。日本の中にもナアナアで済まそうとする勢力はいる、特に政治家。日本の覚悟今回はのほどを今回ははっきり告げるべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください