どっちが?

日本の文化財(韓国がらみ)の韓国への貸し出しがはかどらず、韓国は焦りまくり。現在の日本人所有者が
貸し出しの意思があるにもかかわらず、文化庁が止めているという。
どこまでが本当かわからないが、すべては対馬の仏像問題が絡んでいる。何しろ韓国人の窃盗犯が日本から
持ち出し、裁判所が韓国側の所有権を認めているようではなあ。一旦日本から合法的に貸し出したとして
日本に再び帰ってくる保証はどこにもない。これでは日本の行政機関が認めるわけもない、常識であろう。
分別のない司法が口出ししない保証を取らなければ、フランスの例を引くまでもない。ひょっとして韓国は
法治国家ではなく呆痴国家なんではなかろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください