どの面さげて

仲間内でこれから会う相手を散々貶し、土足で踏みにじるような人間が日本の社会でも結構いる。そういう人間でもよく観察すると多少自省の念にかられるのか口元、まなざしに落ち着かなさが見て取れる。この変化が全く見られないのが韓半島の人間。世界の常識を踏みにじることは全く意識の外で、のこのこ日本の政界人に続々来ている。自分に非があろうが、相手に堂々と対応を求め、天として恥じない。これには日本人はついていけない。過去、大人の対応と称して、面倒なことは避け、唯々諾々と其の場凌ぎだったのが日本。それが安倍内閣時、是々非々と普通の国として対応してきたが、安倍元総理が菅総理に変わった途端、まあまあまあ、昔は昔、未来志向でと、勝手な言い分ですり寄って、何とかなると楽観している韓半島人。もう日本は普通の国になったことを今だに理解していない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください