なんか様子が

大政翼賛会的な記事ばかりと思っていた韓国のマスコミ、このところ様子が違うみたい。反日基調は相変わらずだが、多分に抑制的な書き方に変化した。戦時労働者の補償にしろ艦船のレーザー照射にしろかなり抑えている。特に目立つのが現職大統領及び取り巻きに対する批判である。明らかに国家運営の能力そのものを疑問視する論調である。そりゃそうだろう、伝え漏れ聞こえて来るのは、実体経済を無視した大衆併合主義的な政策と自画自賛。おかしいと感じるのは当たり前。おかしいというより狂っていると書きたいのではないのか。もっともそれを書けば、断筆を迫られること必死。日本も民主党という素人集団が暴走し、瀬戸際で自民を主とする政権交代でかろうじて救われたが、韓国はひょっとすると完全に手遅れではないのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください