なんで繰り返すんだ?

今また、保険金殺人事件でマスコミは盛んに報道。昔から保険金殺人事件がニュースになることが多かったが、保険会社も警察も手を出せない成功例はあったんだろうか。保険会社は契約が会社の利益に直結するため、かなり強引な攻め方をするのは聞いているが、いざ払うとなると、それこそ重箱の隅を突っつくように問題点を洗い出しているだろうが、そもそも契約時点で精査すれば、こんな馬鹿騒ぎも無くなるだろうに。それともあれか?入ってくる保険料は無差別に徴収し、払うときに疑義を持ち出して保険金を払わないやり方なのか。それにしても縁も所縁もない人間が養子縁組をして莫大な保険契約をしても、おかしいと思わないのだろうか。会社経営者が万が一を考えて保険契約するのと、普通の民間人が、死んだら葬式代がまかなえればと掛ける保険はうなづけるが、明らかに世間の常識とかけ離れた高額保険契約に疑問を持たない、または無視した保険会社も詐欺犯に準じる悪質性を覚えるのだが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください