はたして、無責任なのか?

菅総理の自民党総裁への立候補取りやめを受けて、野党の枝野代表は『無責任』と言ったが、はたして無責任なのか?政治主導ではなんともならないコロナ感染、与党の足を引っ張りたい野党、他は人災だと騒ぎまくっているが、そうであれば新しい司令塔に可能性を託すのが一つの手段であろう。枝野は菅総理の不人気ぶりに乗じ、たったあれだけの政党支持率でありながら、これなら勝てるんじゃないかと勝手に妄想を膨らましていたんだろうが、ここにきて完全に当てが外れ、そのあたふたぶりが無責任と発言した本意だろう。『不人気菅首相のもとでひょっとして無関心派がわが党になびくんじゃないのか、それがひっくり返るなんて、俺の見込みが完全に狂うじゃないか、俺のシナリオを壊すなんて無責任じゃないか』知るか!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください