みえみえ

 

 

8月に入り、朝日は連日、悲惨な戦争の記憶をこれでもかと、さも秘話のごとく取り上げ、紙面の多くをさいている。自らの戦時翼賛報道を一切語らずに。仮に勝ち戦であっても多大な人命の損傷、理不尽なできごとは山積している、まして敗戦国。だれも戦争を進んで望みはしないが、結果として国家として選択した一つの行動であろう。身内の悲しみの感情を利用し、これでもかと畳み掛けるその意思はどこにあるやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください