シャッター街

街から小売店が次々と姿を消し、コンビニとドラッグストアばかりになって久しい。考えるまでもなく、これら昔からの小売業を潰したのは結局我々市民なんだよな。少しばかり安いと大手資本のスーパーに群がり、他人と同じものを手にしてなんとなく安心感。同じものを小売店で買ったって、年間で何十万も違うわけもないのに、400円を398円で買えれば得した気分。その大手スーパーは支那で調達、食糧安保なんて頭の片隅にもないだろう。それが理由で製造元に支那の文字があれば買わない。高くても日本製を買う。市民の意識が変わらない限り、小売店復活はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください