ドンマイドンマイ

皆さんも覚えがおありだろう。小学校、中学校、ひょっとして高校でも対外試合の応援に行くと、味方が点を取られると、まだまだ大丈夫、頑張れの意味を込めて『ドンマイドンマイ』と叫んだことを。そのうち、どうにも挽回不可能になるとヤケクソで『ドンマイドンマイ』と叫んだことを。今回の都知事選、小池候補は取りすぎた感もあるが、366万票は大きい。それに対し、あっち系の候補者二人合わせても、150万票、小池候補の半分もいかなかったがこれを善戦と評価するあっち系の応援者。次の基盤ができたと絶賛しているが本気かね?地方選挙と国政選挙とは比較できないが、どうも前記のようにヤケクソで『ドンマイドンマイ』と叫んでいるとしか思えないんだが。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください