ナビゲーター

近所の兄ちゃんが新車を購入し、最新版のナビゲーターを取り付けた。今ではほとんどの車はナビゲーター付きなんだろう。

はるか昔の話だが、小生生まれは雪深い北国。街を少し外れると田んぼと畑の佇まい。街と郊外をつなぐバスも一時間に何本もない。自家用トラックも少なく郊外の農家は農作物の運搬に馬車、馬そりを使って居た時代。用を済ませ、居酒屋で一杯飲んだ農家の親父は厚い毛布にくるまり御者台に座ると手綱を一振りすると馬は知っている道を自ら帰るのだが、親父はいい気持ちで寝てるだけ。

これは考えてみれば、すごい仕掛けだよな。ナビゲーター付きの代行運転で家まで帰れるんだから、田舎田舎とバカにするんじゃないよ?地方都市では何十年も昔、今の交通システムを運用してたんだからな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください