ムードに浸るな

安倍首相の続投が決まったが、政治の世界ではポスト安倍に焦点が合わさりつつある。面白いことにどのマスコミも現野党から次期首相が出るとは誰も言わない、もっぱら敗れた石破氏、岸田氏、そして小泉氏が取りざたされているが。時期が来ればもう少し絞れた人材が取りざたされるのだろうが、マスコミでちらほら取りざたされているのが小泉氏。一体彼は政治の世界で何を成し遂げただろうか、もしくは何を目指しているのか不明である。彼の言動をちらほら見ると、はっきり言えば国家観はないのではないのか?端的に言えば、しかめつらでそれらしきことは言うが、大衆迎合主義者ではないのか?災害地に出かけ被災者にかける言葉を見るとあたかも弱者に寄り添う風な発言はするが、それだけ。しかし被災者は暖かい言葉をかけられたと感激したりする、それをマスコミが報道する、それがいつに間にか増幅され、期待される宰相として虚像が生み出される。この作り出されたムードに国民はあたかも救世主が出現したかとの錯覚に陥るのではないのか?しかもその錯覚を自民党は利用しようとするのではないのか?ここまで全て仮定の話として???を続けたが、何せかつて民主党政権を作り出した大衆だけに、あながち妄想とも言い切れまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください