ルーチンワーク

どんな事態にも同じパターンで機械的に答える、まさにAI時代を先取りする先端企業朝日新聞。トランプ大統領の大相撲観戦にさっそくルーチンワーク発動。しかしこの思考過程が透けてみえるのがご愛嬌。客観的事実は一切関係なし。こうであろうな、こうにちがいない、これで決定。すべて憶測妄想が記者の頭の中で事実に変換され、おきまりの「あべがー」に帰着する。朝日の記者は取材の苦労をしらないんじゃないか?パターンを作り上げ、決まりきった単語を詰めていく、こりゃ楽だわな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください