下心も知らないで

夢にまでみた相手とまさか結婚まで進むとは。目をこすり、膝をツネっても痛い、本当だ。ここからがすさまじい。リハーサルはやるわ、披露宴の料理に気は配るは、周りの意見など聞きゃしない。もう結婚へ眦決してまっしぐら。まるで遮眼帯をかけた競走馬。しかし相手の心底は判ってない、否、知りたくないのだろう、相手の真実はカネ、カネ、カネ。すっかり足元を見透かされているのに、周りからみtればみじめの一言。身近にありがちな話ではあるがこれが国同士となるとな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください