世界の終わりかよ

最近自然災害の事前ニュースが大げさすぎないか?まるで世界の終わりを知らせるような。自然災害は大少に関わらず、思わぬ原因で人の生き死にに関わり、災害に遭われた方にはお見舞いの気持ちは十分にあり、同情申し上げるが、行政、マスコミ共、まるで『皆様に十分お知らせしましたよ。』とまるで責任逃れの言い訳をしているようで。予想される災害の大きさを定時のニュースで告知すれば十分な気がするのだが。現にこれだけ事前に告知しても個々の事情はあるのだろうが、近ずくなというのに川には近ずく、強風注意というのに外歩きして飛来物で怪我をする、どんなに注意しても聞かない人は聞かないのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください