世界宗教の家元へ変身

ついに日本共産党は、公安調査庁による監視団体に加え、カルト集団の認定を受けそうな雰囲気。

『9条を空想的だとあざ笑い、軍事に対し軍事で向かえば破局的な戦争になる。軍事力による『平和』こそ空想的、思考停止ではないか」と語りかけ、「9条を守り、日本を戦争する国にせず、9条を広げ、戦争のない世界をつくろう」と訴えると、会場からは大きな拍手がわき起こりました。』

これ、身内の集会で小池書記長が言ったことなんだが、なんか宗教臭くないか?元々世界の共産党は宗教というものを毛嫌いしていたが、自分自身が宗教団体で、対抗する他団体に敵意を抱くのは当然といえば当然。何しろマルクスという創造神に帰依しているんだからな。ウクライナという国のお陰で、信仰のふりをしていた憲法9条がなんの効き目がないことがバレたもんだから、必死。とうとう世界に向かって憲法9条の広宣流布に乗り出すんだそうだ、見ものだな。それにしても地域の年寄りをこの天候不純な朝早くから駅頭に駆り出して、ロシア云々の横断幕はいいが、訴える内容に熱意がないんだよな、表面的には戦争反対を口にはするが、真意がなあ。それと募金を呼びかけているが、またまた中抜きするんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください