今太閤

田中角栄氏が総理大臣に就任したとき、マスコミは「今太閤」と、面倒見のよい親分肌の政治家としてもてはやし、ロッキード事件発覚後はあることないこと織り交ぜ、突き落としたことは記憶に新しい。世間とはそういうものとみれば、日産のゴーン会長の取り上げ方も同じ道をたどっている。事の真実は本人しか知らない、もしくは身近に接している検事の心かもしれない。しょせん、農耕民族と狩猟民族の文化的な違いであろう。しかし事が判明するまでに知るべき立場の人間がいたはず。個人商店でもあるまいし、税務当局の怠慢でもあろう。貧乏人にはケツの毛羽までむしるのに、権力者にはからっきし弱い。今頃不安にさいなまれている世の経営者もいるだろう、ひょっとして本件は税務当局の警鐘なんだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください