他山の石

韓国の内政が揺らいでいる。特に国を支える基盤である経済が完全に停滞している。前、前々政権に全ての責任をおっ被せ、我こそは正義と。積弊清算と称し報復行動に邁進。常套句である歴史に学ぶを忘れているか、理解していないことが明確。予算のバラマキは最たるものであろう。日本でも民主党政権時代、予算のバラマキ、事業仕分けといった世論に媚びた政策に明け暮れ、自己満足の末、政権の投げ出し。自民党も事業仕分けをしていたと反論するが、国の行く末を見極め全体としてバランスのとれた施策であったが、民主党は片寄った自己満足、報復主義に凝り固まった素人集団に過ぎなかった。これが一度政権をやらせてみようとの国民の意思の結果であり、少なくとも二度と繰り返さないとの思いが内閣支持率に現れている。慰安婦だ、島だと血道をあげる前に、日本の過去の政権の愚策を真剣に考慮すれば、いかに現政権が破滅の道に突き進んでいることが判るはずなのに、頭に血が上った政権には無理。国民が困窮を極め、革命に近い手段を自ら意思表示するのを待つしかない、ま、他人のこと、知ったことではないが、少なくとも日本に迷惑をかけるなよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください