何かしっくりしないな

難民、避難民この使い分けがしっくりしないな。連日マスコミはウクライナの戦禍から運良く日本にたどり着いた避難民の生活支援を報道しているが、何かわざとらしく感じるのは私だけかな?着の身着のままの避難民に援助の手を差し伸べるのは当然のことではあるが、これが東南アジアからの避難民であった時同じことができるのだろうか。国として受け入れたのであれば、まず国として当面および先々の生活基盤の構築に原則を作り、おそらく足りないであろう細部のことは地方自治体に任せるにしても、財政的にバックアップする必要があるだろうが、そこまで考えているのだろうか。はっきりしない外務省の外郭団体なんか噛ませたら、ろくなことにならない。いづれ故国に帰るにしても、仮の宿だった日本に悪い印象は持たせてはなるまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください