何をバタバタ

ラオスのダム破壊による災害、人数が未だ確定できないが、通常の水害とは全く違う様相を見せている。韓国メーカーは盛んに、ダムの破壊ではなく、異常降雨による水害だと言い張っているが、言葉とは裏腹に、救援物資やら現金やら、やたらとバタバタしているように見えるのはなぜかな?どっかの橋が壊れた、道路が陥没したなどいとまがない韓国業者。普通だったら責任はないと言い張って形ばかりの対策で済ませるのに、今回は専門家による原因究明もされていないのに次々と対策(効果があるとは判らないが)。やはりマスコミ向けの責任逃れの発言が実は・・・が真実ではないのか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください