何様?

南青山に建設予定の児童相談所施設をめぐり、反対の声が上がっているが、これは単なる住民のエゴである。その反対理由が聞くに耐えないことおびただしい。土地の価格が下がる、レストランの値段がこれこれの界隈に住むのは不自然、当然相談所から近くの公立の学校へ通学するのだが、馴染めないのではないのか?休日、家族で外食する風景を目にするだろうが、いたたまれない気持ちになるのではないのか?イヤイヤとにかく反対理由のネタにこじつけも甚だしい。大きなお世話である。南青山のブランド価値が下がるだと?馬鹿め、こんな屁理屈を並べる住民がいることがはっきりしてそれがブランド価値を下げたことにも気づかない。いつから日本にもこんなへそ曲がりの住民が増えたんだ?何様のつもりだか。なんかこの屁理屈論法、どこかの野党を連想するんだが、妄想かな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください