余計な心配

朝日新聞がわざわざ社説で連合が自民に接近するのは働く人の利益にならないと苦情。いかにも働く人間の味方面しているが、言い換えたらどうなんだ?

『自民党に接近するのは、野党勢力を弱めるからやめろ』と。そもそも今の与党勢力の獲得席数は国民の選択であり、多くが朝日のいう『働く人間』が賛意を示しているからに他ならない。それとも朝日は働く人間は反与党だと勘違いしていないか。そりゃ所属する組合の幹部連中は表面上野党支持であろう。しかし傘下の働く人間はそうではない、そうであれば与野党逆になるのでは?単なる観念主義でユートピアに走りがちな輩よりははるかに現実を見ているよ。朝日が夢見るユートピアは日本国民に拒否されて久しい。朝日こそ真面目に働く人間の現実に寄り添う言論を張るべきではないのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください