便乗

アメリカの警察による黒人死亡事件、人種差別反対を大義に掲げ、様々な抗議でもが繰り広げられているが、長年鬱積した人種差別に対する怒りが行動させているのだろう。しかし、この抗議活動が全て差別反対を唱えているかと疑問に感じる。明らかに騒動そのものを目指しているのがある。抗議活動全体から見れば極めて少数かもしれないが、ニュース性からインパクトは大きい。韓国での反日活動が聖域扱いされ、それに便乗した輩の不始末が暴かれつつあるが、まさに同じことが差別反対運動の中でも起こりつつあるのではないか?冷静さを欠く大統領の常軌を逸した言動が、火に油をそそぐ事態が気になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください