判決の妙

『冨田裁判長は判決理由で、週刊誌に掲載された桜井氏の論文が、植村氏の社会的評価を低下させたと認定した一方で「植村氏が事実と異なることを執筆したと桜井氏が信じる相当の理由がある」として、名誉毀損(きそん)があっても違法性はないとした。』 Web記事からの引用だが、面白い判決である。
植村元朝日新聞記者の様々な言動が、あれこれ屁理屈で言い訳してはいるが、裁判長は要は『櫻井氏の論文の方が真実に近いんじゃないのか?確かに名誉毀損で植村氏の社会的評価は下がったろうが、それはあなたが撒いた種の結果でしかないんだよ、少なくとも言論の世界にいた人間が、世間がどう見るか考えていなかったとは信じられない』と偏屈者を諭した判決であったな。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください