割り引くにしてもさ

ボルトン元補佐官の暴露本、恨みつらみの入り混じった内容であり、本当の国家機密はぼかしているのだろうし、当事者の一方的な内容でもあり、割り引いて見る必要はある。それにしても韓国の現政権の素人臭さを余すことなく白日のもとにさらされ、韓国は真っ赤になり否定する。しかし過去の韓国政府の事後発表と正反対のボルトン氏の記述にさてどっちが嘘つきか。その後の北朝鮮の態度、アメリカの動きを見りゃ、どっちが嘘つきか明確ですわな。騙され続けたアメリカがさらなる致命的な外交ミスを周囲が土壇場で止めたのは確か。さてバランサーの次の手は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください