力技

決められた時間で論戦を交わし、定められた規則に従い決定していく、これを朝日はお得意の人様の語り口で『力技で』と表現する『裏技』。辺野古を含む国政をあたかも与党が無理やり力技で突っ切ったと言う。理屈でかなわなければ、次は情処に訴えますか、そうですか。しかし政府与党の投げかけた法案に対し、野党は真面目に研究し、根拠を明確に反論したことはあっただろうか、否。相手の言い分を聞く気があれば、説明責任を果たしていないだの十分な審議を尽くしていない等の与太話はありえない。自分の意見に組しなければ拒否するばかりの野党に大方の国民はうんざりしている。しかし身びいきの支持者の意見が社会全体の意見と勘違いしている限り、政権を獲ることはありえないことが理解できないらしい、しかしこれは日本としては幸いなことかもしれない。どうかこのまま勘違い、能力不足の野党でいることを切に望む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください