勝負だから

この一戦で「ドーハの悲劇」から「ドーハの歓喜」に変わるのだろうか。仮に残りの予選全敗し、予選敗退となっても、語り継がれていくのだろうなあ。

強豪、強豪と前評判の高かったドイツ、前半及び後半でも日本陣営を襲うすさまじさはやはり強豪といわれるだけの強さが感じられた。日本もそこそこ経験をつみ、海外チームに所属しもまれて今現在の力量となったのだろう。過去すうどの優勝を経験しながら、前回は予選敗退を経験したドイツ、勝負というものはわからない。各チームの健闘を祈る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください