単純だが極めて困難なこと

安倍憎し、安倍を潰せとあっち系と一部与党の外れものがもがいているがどうにもならない。様々手を尽くし印象を悪くし、国民の顔色を伺うが思わしくない。なぜ自民党を倒せと主張しないのだろうか、こっちの方が本筋だと思うが。所詮勝負にならないから、せめて頭を引き摺り下ろし鬱憤ばらしに精力を注いでいるにしか見えない。個々の自民党議員を見てみなよ、国会で独りよがりの演説に精を出している野党とそんなに違わないぞ。しかしそんなボンクラ議員を抱えても自民党という勢力はマシに見えるだけのチカラを持っている、国政のコツを知ってるんだろうなあ。下らない言葉遊びをやめ、政策論争に努力したら?大多数の国民はこれだけの主張、論争を仕掛け、かつ実現性が高い政策を打ち出せるのならと過去の惨めな民主党政権の悪弊を退けるだけの知恵を持っているぞ。逆に今の野党は国民を見くびっている。言葉で国民に沿うようなことを言っても心の中が見透かされている。賛同する少ない同志の言動に誑かされ本来の活動を忘れているとしか思えない。アベノミクスを批判するのも結構だがそれを超える政策を提案したことがあるか?安保もそう、鍵をかけるから泥棒が出現する等の現実離れした主張じゃなあ。ま、無い物ねだりか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください