同じではないだろうなあ

枝野代表が、巷の声として批判がある赤坂自民亭のパーティと野党のパーティは同じ責任なのか?と開き直っているが、同じではないだろう。巷の批判は野党として政権側を批判するにしても、「言い方があるだろう、さも相手が悪行の限りを尽くしたかの言い方はないのではないか?」という素朴な意見でしかない。軽く皮肉でも飛ばしておけばいいものを、さも自分たちは災害対策を野党ながら建て、支援に邁進中みたいにデタラメいうから噛みつかれるのさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください