同じ轍

羮に懲りて膾を吹く、似非平和論者が戦争を呼ぶ。

一見、無関係な言葉に感じるが、琉球新報なる似非マスコミの論調を見ていると同じ結論になるのではと思うが。頻繁に領海侵犯を繰り返し、安全な漁業を邪魔し、巨額の軍事費を使い軍備拡大、そしてロシアへの見え見えの協力、この中国に対し、我が国の防衛予算に真っ向から反対し、中国の無法には目をつむり、余計なことして摩擦を生むなと堂々と主張する。これが日本人のやることか?ナチスに対する融和政策が先の大戦を招いたことをまるで知らないこととみなす。こんな報道の自由があってたまるものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください