向き合う準備

韓国の大統領、「日本と向き合う準備はできている」と発言したが、うまくニュアンスを翻訳できたのか疑問はあるが、ここ部分だけ見れば、『さあ、日本よ準備はできた、いつでもかかってこい』と解釈すれば、随分な自信だなと思う。しかしこの自信、どこから来るのだろう。何か勘違いしている。国政であらゆるポストを与党が占め、怖いもの無しの状態だが、それはあくまでも韓国国内の話。対外的には「それがどうした」で済む話に過ぎない。過去の経験から日本が国の根本を揺さぶる振る舞いには出まいとの読みなんだろうか。そうであればいいが、日本も変わったからなあ、それをどこまで読んでいるやら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください