善意に報いるに

普通、善意で支援を受けた側は報いるために、それ相当の注意を払って善意を返すものなんだが、韓国はやはり韓国。農家のトウモロコシの引き取り手がなく困っていると聞いた市民が援助の手を差し伸べるべく義援金を送った。善意の寄付なんだが、義援金を受けるにあたりそれ相当のトウモロコシを送ったが、これが食えたもんじゃないと。カラカラに乾いて芯だけのトウモロコシとか。中におかしなものが混じってても、数個ならミスで済まされるだろうが数百ともなれば、これは単純ミスではない、明らかに詐欺。これには市民は怒ったな、当然だろう、善意を寄せたのに、カスをつかまされた嫌な感じだろう、いっそうのこと何にも送らなかった方が良かったんじゃないのか?やはり日本人とは違うんだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください