国の責務

原因不明ながら日本のコロナ騒ぎが沈静化している。喜ばしいことではあるが、一抹の不安は拭えない。日本では幼児の時から様々なワクチンの接種を義務付けているが、過去には、今も一部ではあろうが、副作用による害もある。それぞれ体質も違い、全てに万全なワクチン対策は困難なのは理解するが、そもそもワクチンの集団接種は社会に防波堤を築き、ワクチンを打てない国民を多数の防波堤で防御しようという発想だろう。であれば、問題なしとして集団接種に協力したが、運悪く副作用により重い後遺症を持つに至った国民に対し、国は七面倒くさいことは言わず、生涯面倒をみる責務があるだろう。過去の薬害裁判を見ても、何とかして国の責任を回避しようとして無駄な時間を使い、被害者に二重、三重の責め苦を与えている。今回コロナワクチンの国産化の動きを見ても、基礎的な研究、技術力の不足はあるだろうが、メーカーがブレーキを強めに、アクセルは控えめにしているのは、薬害裁判を恐れているからではないのか?であれば、考えられる限りの技術力で追いきれないマイナス効果は国家としてバックアップする体制が必要ではないか。今後のためにも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください