大騒ぎ

ヤマカガシ、ヒアリ、まるで人類滅亡かと煽るマスコミ各社。はっきり言って一過性の話題に過ぎない。ヤマカガシだって昔から普通にいたし、彼らにしても自ら人間を襲うわけではない、身に危険を感じたから防御的に噛んだに過ぎない。ヤマカガシの毒性を警告するよりも、面白がって捕まえた男児の無鉄砲さをたしなめるべきだろう。地球は人間だけのものではないのだから(どこかの宇宙人が日本は日本国民だけのものではないとほざいたが、次元が違う話だから、誤解のないように)。ヒアリにしても、この世界的な物流の動きのなかで、今まで日本のどこにも居なかったわけはない。たまたま見つけただけのこと。生存のため適した場所があれば、そこに居つくわけだし、日本全国どこにでも可能性はある。しかし、このような騒ぎにより火をつけるのが、死亡者が出るかもしれないと扇情的なマスコミの報道であろう。そりゃ確率的に絶対はあり得ないわけだから死亡者もでるであろう。もう忘れ去ったが、なんとかグモもあったな。人の噂もなんとかというが、今回も同じだろう。そんなに死亡者を気にするのだったら、核兵器開発まっしぐらの青二才の動向を社を挙げて追跡したら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください