奴隷

技能実習生というもっともらしい、安価な労働力、コロナ規制改善で1日も早く来日を望んでいると日本農家の声。彼らはかなりの借金を重ね来日していると言われる。出国先の機関がぼったくり、受け入れ側の日本は曖昧な受け入れ機関の問題、べらぼうに安い給与、誰が一番儲けているのか。実習生本人でないことは確か。確かな技能の習得が本当であればいいが、実情は安価な出稼ぎ労働者。実習生本人の資質もあろうが、時折マスコミに取り上げられる挙動を見ると、日本人にはしないような低い待遇を彼らに強いている。言葉も不自由、相談窓口もなく、どんなに辛いことか。日本の恥である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください