好い気なもんだ

安倍元首相の葬儀、沿道にあれだけの国民が佇むとは意外であった。しかも好奇心より故人を忍び、安寧を願う気持ちが溢れていたのではないか。あれを見て日本も捨てたもんじゃないなと思ったな。世の中、様々な恩恵を受け生活していながら、それとこれは別と卑怯な言い訳。安倍元首相に関わる、モリカケやら国民所得の落ち込みやら全てがアベガーと非難轟々の輩は銃撃事件を見てもあれとこれは別と言い繕うが、その連中、あの民主党政権時、どんな言い方をしていたものかじっくり掘り起こしてみるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください