嫌な予感

板挟みの韓国政府、支持率も落ち込み、二進も三進もいかない状況で、ここで出てきたセリフ『日本も努力を』。こじれにこじれ、日本にすがる様子に、出てくるぞ、日本から次の声が『隣国なんだから、妥協点を見出す努力を日本も』忘れてはいませんか?慰安婦問題で河野談話の出発点が、安易な妥協から始まったことを。自国民を説得できない政府と約束なんかできるもんか。次から次と野火のように広がるのは目に見えている。保守系だからと安易に考えてはいないだろうな、保守だろうがなんだろうが韓国は韓国。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください