嫌な言葉

武漢ウイルス騒ぎでやたらと聞きなれない言葉が飛び交っているが、誰が言い始めたものやら。今更ながらではあるが『雇い止め』という言葉がある。雇用形態で通常の『解雇』と使い分けているらしいが、なんで使い分ける必要があるんだ?通告された側にとって要は、『クビ』『馘首』となんら変わらないだろう。それとも何か?クビというより響が柔らかいとでも考えているのか?働き方の多様性とやらわけのわからない屁理屈で政治家は逃げている。雇い止めが常用化した時、どこに跳ね返っていくか覚悟はあるんだろうな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください