少し熱を覚まそう

武漢ウイルスの収束が見えない。マスコミは毎日罹患人数を発表し、重体患者、死者数を数え上げ、社会の困惑を盛り上げるのに熱心。しかし少し判ってきたこともあるんじゃないか?確かに罹患者数は増えている、重体患者数、死者数も同様。が、都市を閉鎖するほど危険かね。経済活動を止めるほど危ういかね。教育機会を止めるほど危険かね。就職の機会を奪うほど重体かね。罹患し苦しむ人、有効な治療法もないまま旅立つ人々。それぞれに気の毒と思うが、他の要因で苦しむ人々とそんなに得意な状況ではあるまい、確かに過去に経験していない不安はあるにしても。政府の対策はなってないと眦を決して憤る人に言いたいのは、世界中で有効な対策を打ってる国はあるかね。中国?がなんだって?あんなやり方を日本で実施したら、そこらじゅうから非難、ましてインターネットの中で、無政府状態になるんじゃないかね。ネットで止まってりゃいいが、街頭に繰り出すのは時間の問題。今は我慢の時じゃないのか?せめて医療機関に働く人々にせめてものまともな給料、ボーナスを国として考えてもいいんじゃないか?もちろん医療機関そのものに対する財政支援は当然。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください