後からならなんでも言える

政府の方針変更(gotoトラベル中止)を受け、立憲はまたまた利いた風な文句。感染抑制と経済活動の維持を狙った政策は、残念ながら感染抑制に芳しい効果が認められず、経済を犠牲にして感染抑圧に注力するしかなくなった。国民の大多数はこれを歓迎するだろうが、時間が経つとさて景気はどうするんだに変わるだろう。その時、立憲は言うんだろうなあ。『感染抑制ばかり注力し、経済活動をなおざりにした』と。いいよな、彼の政権時に四六時中言ってたコメント『直ちに被害の心配はない』の無責任セリフが言えればなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください