思考停止じゃなく、思考の中抜きだろうに

憲法9条生かした外交を

共産党の躍進訴え

 小池氏は、安倍元首相が憲法9条を「空想的、思考停止」と攻撃している問題でも、「9条をあざ笑い、軍事に軍事で向かえば破局的な戦争に進むことは、今回の事態で明白だ。軍事力による『平和』こそ、空想的で思考停止だ」と批判しました。

と、意味不明のことを言っております。   揚げ足取りを承知で言えば、小池氏のこの部分、意味不明なんだが。『軍事に軍事で向かえば破局的な戦争に進むことは、今回の事態で明白だ』事実からいえば、前者の軍事はロシアのことだよな、そうすると後者の軍事はウクライナとなるわけだよな。ロシアが軍事で侵略し、これにウクライナは応戦しているんだろう?なんでこれが『軍事に軍事で向かえば破局的な戦争に進む』ことになるのかね?ウクライナは応戦せず、黙ってろというのかね。何が思考停止だ、都合のいい思考の中抜きだろうに。共産党の演説をよく聞いていると、表面上はさらっと真実なように言うが、実態は自分の都合に相手を誘導する高等戦術、高等と言ったて、素人のブロガーに噛みつかれるようじゃな、まだまだだな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください